第32回 サ ン デ ― 鑑 賞 会 開 催(再度のお知らせ)



第32回 サ ン デ ― 鑑 賞 会



                          日 時  2015.4.12(日)13:30~15:30
                          場 所  ジャズ・カフェ・モーニン(秋田市手形山崎町9―8)
                          TEL  080-2808-6881


*「ジャズ・カフェ・モーニン」主催のレコード中心によるジャズ鑑賞会です!
ベテランもビギナーも大歓迎です!
選曲&解説は当ブログ「秋田ジャズレコードマニアクラブ管理人(S)」です。
会費はお一人様1000円(ワンドリンク&ちょっことなおやつ&豪華プログラム付き)です。 尚、当日はプログラムに一部変更があることもございます。
       

第1部 「ドラマー特集(その6)/ ジミー・コブ(その1)」

                   
        第2部 「スタンダード / クローズ・ユア・アイズ(その2)」



お勧めの一曲(画像)

 13.LP「マイルス・デイビィス・アト・カーネギー・ホール」
(コロンビア CS 8612) NYC‘61.5.19
13 ソー・ホワット(A-1)13:13
(Tp)マイルス・デイビィビス、(Ts)ハンク・モブレー、
(P)ウイントン・ケリー、(B)ポー・チェンバース、
(D)ジミー・コブ
(オーケストラ)ギル・エヴァンス



 勿論、ドラマーは我が愛しのジミー・コブ大親分!?
本LPではメリハリの利いた正に滋味(地味ではないよ~ん)溢れる御機嫌なビートに次ぐビートの大盤振る舞い。暇さえあればサイドメン達!?を鼓舞(コブだよ~ん))して止まないジミー・コブ一世一代のプレーを堪能できるかと思う。
 
 第2部として、これまた我が愛しの「クローズ・ユア・アイズ(スタンダード)特集」。
 今回は前回の続編。即ち、「その2」。
 兎に角、この旋律からそこはかとなく滲みだす「哀愁」がどうにも堪りません。同じ曲を7つのスタイルでお聴き戴けます。どれもこれもそれなりの良さで楽しめるかと思います。
 因みに「クローズ・ユア・アイズ(スタンダード)特集」は折りを見て第3弾を敢行するかも?(しつこいねっ!!)

 4月12日(日)当日は、どうやら天候にも恵まれるようなので御都合の宜しい方はどうぞ足をお運び下さい。


comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャズマニアな訪問者
プロフィール

秋田ジャズレコードマニアクラブ

Author:秋田ジャズレコードマニアクラブ
はじめまして!僕は秋田市在住のジャズ・キチ老人です!
高校3年の頃、1年後輩のちょっとなベニー・グッドマン・オタクに幻惑され、ジャズに興味を持ち始めました。
以来、ベニー・グッドマンのメモリーズ・オブ・ユーを皮切りに、いわゆるスイング・ジャズ(コンボ、オーケストラ)、ニューオリンズ・ジャズ(ブラス・バンド素敵!)、デキシー(シカゴ・スタイル、サンフランシスコ・スタイル、ニューヨーク・スタイルなど)、バップ、クール、ハード・バップ、新主流派(懐かしい響きね!)、ヴォーカルなどなど手当たり次第、様々なジャンルのジャズ及び周辺音楽に耳を染めてきましたが、ジャズって思いのほか間口が広く、奥が深いので一切飽きることがありません。
結果、何時しかジャズが手ぐすね引く甘美な泥沼にガバチョと嵌ってからに、ふと気が付けば下唇下3センチの危険水位まで迫る悦楽という名の波しぶきを受けて、あっぷあっぷ・・・嗚呼もう駄目ません。
変なプロフィールになってしまい誠に遺憾です!

Billie Holiday
When You're Smiling

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤフオク (ジャズレコード一般)
検索バーに文字を入力すると出品されている物が表示されます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク