第40回サンデー鑑賞会終了(御礼)

「アイ・リメンバー・クリフォード(4)」
サブ・テーマ:スタンダード~ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ

                             
 去る11月29日(日)の「モーニン」主催「第40回サンデー鑑賞会」開催に際してはご常連様を始め多数ご参加戴き誠に有難うございました!
クリフォード・ブラウンン特集も今回を以って一応終了とさせていただきます。
彼のアルバムはパシフィック・レコードの「不滅のクリフォード・ブラウンン」を除き、殆ど紹介したかと思います。
このレコード、確かに所有していた筈なのにどういう訳か見当たらない。よもや古典系ジャズレコードの中にポツンって如何にも居心地悪そうに紛れこんでなんかいないよなぁ・・・ま、もう一度念入りに捜索するとしよう。
何れにしても、このレコード、折りを見てお聴き戴きたいと思います。

さて、今回のスタンダードは「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」でしたが、初めての試みとして、誰の「ユ・ビ・ソ」がえがったのか、プログラムの中からご参加された各位が3枚(各位がNO.1~NO.3位まで順位をつける)選んで戴いたところ、その結果が下記の通りまとまりましたのでご報告いたします。
 なお、投票者数は11人(11×3票=33票)です。

案の定、「ヘレン・メリル」が圧倒的人気を証明!他方、日蔭のシンガー?ドロレス・ホーキンス、マージ・ダッドソンがそれなりの健闘を見せ頗る大したえがった!



2

2.LP「ドロレス/ドロレス・ホーキンス」
(エピック LN3250)‘56.
 ユード・ビー・ソー・・・(A-5)・・・2:22
(Vo)ドロレス・ホーキンス
NO.1・・・・・1票
NO.2・・・・・1票
NO.3・・・・・1票



3

3.LP「ア・スウィンギン・アフェア!/フランク・シナトラ」
(キャピトルW803)‘57.
 ユード・ビー・ソー・・・(B-3)・・・2:07
(Vo)フランク・シナトラ
(Arranger、Conductor)ネルソン・リドル
該当なし



4

4.LP「ジョー・スタッフォード/JO+Jaaz」
(コロンビア CL1561)‘60.
 ユード・ビー・ソー・・・(A-3)・・・3:25
(Vo)ジョー・スタッフォード
(Arranger、Conductor)ジョニー・マンデル
NO.1
NO.2・・・・・1票
NO.3



5

5.LP「ザ・ゴールデン・エイト/K.クラーク~F.ボラーン&カンパニー」
(ブルー・ノート BST 84092)
Cologen(ケルン)‘61.5.18&19
 ユード・ビー・ソー・・・(A-4)・・・・・2:52
(Tp)D.ゴイコヴィッチ、(A-Horn)Raymond Droz、
(B-Horn)Chris Kelles、(Ts)Karl Drevo、
(As)、Derek Humle,(P)F.ボラーン、(B)J.ウッド、(D)K.クラーク
該当なし



9

9.LP「ニュー・ボイス・イン・タウン/マージ・ダッドソン」
(コロンビア CL1458)‘60.
10 ユード・ビー・ソー・・・(A-4)・・・2:31
(Vo)マージ・ダッドソン
(Arranger、Conductor)ジョニー・マンデル
Coleridge T.Perkinson,jr
NO.1
NO.2・・・・・1票
NO.3・・・・・4票



10

10.LP「ウエルカム・マット・デニス!」
(ジュビリー 1105)‘59.
11 ユード・ビー・ソー・・・(A-4)・・・・2:52
(Vo)マット・デニス
(Arranger、Conductor)サイ・オリバー
NO.1
NO.2・・・・・3票
NO.3・・・・・1票



11

11.LP「S.ヴォーン・アフター・アワーズ・アト・ザ・ロンドン・ハウス」
(マーキュリーMG20383)‘58.3.7 Chicago
12 ユード・ビー・ソー・・・(B-1)・・・4:04
(Vo)S.ヴォーン、
(Tp)サド・ジョーンズ、ウエンデル・カリー、(Ts)F.ウエ 
ス、(Tb)ヘンリー・コーカー、(P)ロンネル・ブライト、
(B)R.デビス、(D)R.ヒインズローチ
NO.1・・・・・3票
NO.2・・・・・1票
NO.3・・・・・2票



12

12.LP「アート.ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション
(ステレオ・レコード S7018)‘57.1.19 Los
13 ユード・ビー・ソー・・・(A-1)・・・・・ 5:30
(As)A.ペッパー、(P)R.ガーランド、
(B)P.チェンバース、(D)P.J.ジョーンズ
NO.1
NO.2・・・・・3票
NO.3・・・・・1票



7

13.LP「H.メリル」
(エマシー MG36006)NYC‘54.12.22
14 ユード・ビ・ソー・ナイス・トウ・カム・トウ(A-2)4:20
(Vo)H.メリル、(Tp)C.ブラウン、
(Fl,Bsx)ダニー・バンク、(P)J.ジョーンズ、
(G)B.ガブレイス、(B)M.ヒントン、(D)O.ジョンソン
(Arranger、Conductor)Q.ジョーンズ
NO.1・・・・・7票
NO.2・・・・・1票
NO.3・・・・・2票



comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャズマニアな訪問者
プロフィール

秋田ジャズレコードマニアクラブ

Author:秋田ジャズレコードマニアクラブ
はじめまして!僕は秋田市在住のジャズ・キチ老人です!
高校3年の頃、1年後輩のちょっとなベニー・グッドマン・オタクに幻惑され、ジャズに興味を持ち始めました。
以来、ベニー・グッドマンのメモリーズ・オブ・ユーを皮切りに、いわゆるスイング・ジャズ(コンボ、オーケストラ)、ニューオリンズ・ジャズ(ブラス・バンド素敵!)、デキシー(シカゴ・スタイル、サンフランシスコ・スタイル、ニューヨーク・スタイルなど)、バップ、クール、ハード・バップ、新主流派(懐かしい響きね!)、ヴォーカルなどなど手当たり次第、様々なジャンルのジャズ及び周辺音楽に耳を染めてきましたが、ジャズって思いのほか間口が広く、奥が深いので一切飽きることがありません。
結果、何時しかジャズが手ぐすね引く甘美な泥沼にガバチョと嵌ってからに、ふと気が付けば下唇下3センチの危険水位まで迫る悦楽という名の波しぶきを受けて、あっぷあっぷ・・・嗚呼もう駄目ません。
変なプロフィールになってしまい誠に遺憾です!

Billie Holiday
When You're Smiling

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤフオク (ジャズレコード一般)
検索バーに文字を入力すると出品されている物が表示されます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク