MG 20661 Dinah Washington - Tears And Laughter

                                                   

http://www.youtube.com/watch?v=-aOTiIpenls

 加齢の不思議が身に沁み入る今日この頃・・・その昔、反吐を撒き散らす程、毛嫌いしていたストリングス&コーラス入りヴォーカル・・・それが今、その甘美な世界へことのほか安直に跪(ひざま)ずくと至福の坩堝(るつぼ)で青息吐息・・・あぁ何たるテイタラク・・・やっほー!ばんざ~い・・・!?

 藪から棒に何をほざくのかっ!て、思われるのもごもっとも。
 然れば、さりげなく随所に咲き乱れる黒い辛夷(こぶし)の華を道連れに「切々」と「朗々」とが混然一体、厳かにシャウトするダイナ・ワシントンの「I'm A Fool To Want You」・・・これ、黙って鼓膜へ捩じ込んでみて・・・(実は僕も1位:3点献上しました!)
 琴線が、琴線が、琴線が・・・ぷるるん震えて、悶えて、蕩(とろ)けそうでどうにも止まらない、あぁ恍惚の3分06秒よ・・・何と麗しきは天性のき歌心よ!ダイナ、やっほー!だいな!?ばんざ~い!(またかよ)
 しかし、それにしても、このジャケット・デザイン・・・どうしたら斯くもダサイな仕上がりとなるのやら・・・底なしが覗けるこの無神経さには素直に降参するしか手はあるまい。


6.LP「ダイナ・ワシントン/テアス・アンド・ラフター」
(マーキュリー MG-20661) NYC‘61.9.13
 アイム・ア・フール・ウオント・ユー(A-5)3:06
(ヴォーカル)ダイナ・ワシントン、
(アレンジャー、コンダクター)クインシー・ジョーンズ
1位:2票(6点)、2位:3票(6点)、3位:2票(2点)=計14点



SIDE-A
A-1 Bewitched (Hart & Rodgers) 2:19
A-2 Wee Small Hours (Martin & Hughes) 2:43
A-3 Mood Indigo (Ellington, Mills & Bigard) 2:25
A-4 Am I Blue (Akst & Clarke) 2:52
A-5 I'm A Fool To Want You (Wolf, Herron & Sinatra) 3:00
A-6 Tears And Laughter (Lewis) 2:50
SIDE-B
B-1 Secret Love (Fain & Webster) 2:48
B-2 You Do Something To Me (Porter) 2:20
B-3 If I Should Lose You (Rainger & Robin) 2:43
B-4 Jeepers Creepers (Mercer & Warren) 2:02
B-5 Wake The Town And Tell The People (Livingston & Gallop) 2:38
B-6 I Just Found Out About Love (McHugh & Adamson) 2:46


MG 20661 Dinah Washington - Tears And Laughter
Joe Newman, Clark Terry (trumpet) Ernie Wilkins (trumpet, arranger) Jimmy Cleveland, Kai Winding (trombone) Billy Byers (trombone, arranger) Al Cohn (tenor saxophone, arranger) Patti Bown (piano) George Barnes (guitar) unknown (bass) unknown (drums) Dinah Washington (vocals) The Dells (doo wop group) unidentified orchestra, Quincy Jones (conductor) Hal Mooney (arranger)
NYC, August 15, 1961
21152 In The Wee Small Hours Of The Morning (Wee Small Hours)
21154 Bewitched
21155 Am I Blue
21163 If I Should Lose You
21165 Wake The Town And Tell The People
same personnel
NYC, August 16, 1961
21175 You Do Something To Me
21178 Secret Love
omit Washington, Jones
21176 Jeepers Creepers
Dinah Washington (vocals) unidentified orchestra, Quincy Jones (arranger, conductor)
NYC, September 13, 1961
21336 I Just Found Out About Love
same personnel
NYC, September, 1961
21330 Mood Indigo
21332I'm A Fool To Want You
same personnel
NYC, late 1961
23054 Tears And Laughter
** also issued on Mercury SR 60661.



comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャズマニアな訪問者
プロフィール

秋田ジャズレコードマニアクラブ

Author:秋田ジャズレコードマニアクラブ
はじめまして!僕は秋田市在住のジャズ・キチ老人です!
高校3年の頃、1年後輩のちょっとなベニー・グッドマン・オタクに幻惑され、ジャズに興味を持ち始めました。
以来、ベニー・グッドマンのメモリーズ・オブ・ユーを皮切りに、いわゆるスイング・ジャズ(コンボ、オーケストラ)、ニューオリンズ・ジャズ(ブラス・バンド素敵!)、デキシー(シカゴ・スタイル、サンフランシスコ・スタイル、ニューヨーク・スタイルなど)、バップ、クール、ハード・バップ、新主流派(懐かしい響きね!)、ヴォーカルなどなど手当たり次第、様々なジャンルのジャズ及び周辺音楽に耳を染めてきましたが、ジャズって思いのほか間口が広く、奥が深いので一切飽きることがありません。
結果、何時しかジャズが手ぐすね引く甘美な泥沼にガバチョと嵌ってからに、ふと気が付けば下唇下3センチの危険水位まで迫る悦楽という名の波しぶきを受けて、あっぷあっぷ・・・嗚呼もう駄目ません。
変なプロフィールになってしまい誠に遺憾です!

Billie Holiday
When You're Smiling

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤフオク (ジャズレコード一般)
検索バーに文字を入力すると出品されている物が表示されます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク