FC2ブログ

美女ジャケコレククションヴォーカル編(2)

キャシー・バー(Kathy Barr)「フォロー・ミー」(1954)
                                                     
「美女ジャケコレクションヴォーカル編(2016.1月号:ジャズ批評社発刊)アナログ・ジャケット部門の冒頭を飾るのがこのレコード。
                             
僕、これウン十年前に入手したけど、例によって?只の一度も聴いたことがない。レコード棚から取り出して見ることもない。薄幸の美女ジャケかと思う。
尚、僕のは、画像右上の表示が「RCA ICTOR LPM-1562」・・・その横に蓄音機の前で小首を傾げるワンちゃんの商標がある。
 
http://https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC_(%E7%8A%AC)

画像のジャケットに関する記事(データー)はRCA Victor 1957 LP となっているが・・・画像にはワンちゃんが居ない。
同誌のコメントでは「これぞ美女ジャケの決定版」とべたぼめなのだが・・・


 下記は某氏ブログからの丸投げ記事!!
「RCA女性ヴォーカル1000円シリーズ」というのが発売になって、早速何枚かゲットした!これはその内の1枚。なかなか肉感的でセクシーなジャケットは、LPレコードだったらもっとありがたかったと思う。自分がかつてレコードジャケットのデザインをしていたから言うわけではないが、やはりLPジャケットのアートワークは一つの文化ではあった。
さて、キャシー・バーはご覧のようにちょっとエキゾティックな佇まいで、それもそのはず、彼女はトルコ系の移民の娘だそうで、そのグラマラスな容貌通り、張りのある豊かな声で華やかに歌いまくって、肝っ玉おねいさんといった趣である。
やっぱり1950年代から60年代初めの頃のポピュラー音楽は屈託がなくて、愉しい!

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

たまらん・すな。

No title

んだすか7948!それだば何よりだんす!
10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジャズマニアな訪問者
プロフィール

秋田ジャズレコードマニアクラブ

Author:秋田ジャズレコードマニアクラブ
はじめまして!僕は秋田市在住のジャズ・キチ老人です!
高校3年の頃、1年後輩のちょっとなベニー・グッドマン・オタクに幻惑され、ジャズに興味を持ち始めました。
以来、ベニー・グッドマンのメモリーズ・オブ・ユーを皮切りに、いわゆるスイング・ジャズ(コンボ、オーケストラ)、ニューオリンズ・ジャズ(ブラス・バンド素敵!)、デキシー(シカゴ・スタイル、サンフランシスコ・スタイル、ニューヨーク・スタイルなど)、バップ、クール、ハード・バップ、新主流派(懐かしい響きね!)、ヴォーカルなどなど手当たり次第、様々なジャンルのジャズ及び周辺音楽に耳を染めてきましたが、ジャズって思いのほか間口が広く、奥が深いので一切飽きることがありません。
結果、何時しかジャズが手ぐすね引く甘美な泥沼にガバチョと嵌ってからに、ふと気が付けば下唇下3センチの危険水位まで迫る悦楽という名の波しぶきを受けて、あっぷあっぷ・・・嗚呼もう駄目ません。
変なプロフィールになってしまい誠に遺憾です!

Billie Holiday
When You're Smiling

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤフオク (ジャズレコード一般)
検索バーに文字を入力すると出品されている物が表示されます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク