第45回サンデー鑑賞会終了(御礼)

今回も開けてビックリ玉手箱!・・・

 前回の鑑賞会、即ち、去る3月13日(日)開催の第44回サンデー鑑賞会が予想だにしない満席(12名)という盛況裏の内に終了したことは、未だ記憶に新しい折り、今回も今回・・・何がどうなって、こうなったのやら・・・
 四の五の言わず早く申せっ!結論をっ!

 はいっ!それでは結論!
 今回も亦、満席超(13名)の大繁盛!を以って、マスターのてんてこ舞が再発、誠に喜ばしい限り。概ね2時間余りの瞬くような時間ではありましたが、平素、ややもすれば厚顔ぶら下げて居座り続ける閑古鳥とやらが一羽残らず何処ぞかへ姿をくらましたことは頗る爽快。これもご常連様を始めとする、ご来店下さいました皆々様が携える熱意の賜物と心から御礼申し上げます。

 例によって、開始時刻ぎりぎり、プログラムと円盤形種板を抱え、不具合が宿る、のろまな脚で駆け付けると、いつもは沈着冷静を売りとするマスターがやや興奮気味に開口一番・・・「ストーブ横に埼玉からのお客さんが居られる・・・」
 埼玉って?あの・・・埼玉?・・・如何に新幹線(こまち)とやらの文明の利器があるからとは申せ、何故、北東北を代表する陸の孤島と思しき「辺鄙だらけの中核市」は秋田市手形山崎の「モーニン」まで脚を運ばれたのかしら?
 
 マスターの開口一番を受け、それとなく半地下のストーブ横に視線を移すとそれらしき品の宜しき男性が確かに・・・それにしても何故あの大都会東京直近に位置する埼玉から?・・・と再び大いなる驚きとちょこっとした疑念に包まれる僕・・・最近でこそ余り言うことも、聴くこともなくなったけど、当地の方言ではこんな状況をして、「あぁ、どでんびっくらこいだ!」って表現するのだが、今日はまさしくそんな感じ!?
 
 兎に角、色々な経緯があって、鯔の詰まりがブログで今日(4月10日)のサンデー鑑賞会開催の情報に辿りついたと思いきや、居ても立っても居られず埼玉県の彼方からひゅーんってモーニンへ飛んで来られたご様子。
 近年希に見る、丸で絵に描いたような勇猛果敢、はたまた盲目的というべきか、何れにしても、芥子粒程の「待てが効かない」正に賞賛に値する迅速で由緒正しいこれが一途な行動力に乾杯!そして心の奥底から脱帽!
 裏返せば、それは仰天あるのみ!ということか。仰天の余り、開いた口が閉まらない口からヨダレとやらの不潔がたち~んと糸を引く寸前、正に間一髪のところで両唇の密閉という極ありふれた技法を手にした僕は幸い?
 
 ところで、モーニンの穴場的空間とも言うべき「半地下」は、ちょこっと異様な様相。何となれば定員6席に対し9名のぎゅうぎゅう詰めのてんこ盛りが醸し出す、丸で年甲斐を忘れた?かのような元気印な高齢者諸兄(これは失礼!)が醸し出す和気あいあいたる熱気で充満。正に蒸し風呂状態!ぎゅうぎゅう詰めのてんこ盛りに向かいて言うことなし!ぎゅうぎゅう詰めのてんこ盛りは有り難きかな・・・はて、何処かで聴いたような・・・
 因みに6席あるカウンターの状況といえば、ご常連4名様が着席。2つの空席は半地下へ遮二無二潜りり込んだ御常連様の、謂わば名残である。
 
 あれやこれやで定刻から若干遅れていざ開演!鑑賞会当日のプログラムは、下記「改訂版」の通り、先般、ブログへ掲載したプログラムと曲順を大幅に入れ替えた他、新たに1曲(シナトラ)追加、自信満々のスタート・・・と思いきや、僕のびっくりばかぼんな勘違いで冒頭から目の当てられない大失態、即ち、何をお戯れになったのやら、この僕、旧プログラム片手に颯爽&もごもご・・・文字通りの「怪説」をおっ始めてしまったから堪りましぇ~ん!
 
 マーティ・ペイチのオーケストラが掛かるとばかり思ってたら、マイルス/クールの誕生は僕が大々々好きな「イスラエル」が勢い良く飛び出したではないかっ!
 結果、僕的には一瞬!?!?!?てな塩梅で冷や汗一升しどろもどろの狼狽と緊張が・・・そして皆様にも等しく!?!?!?印が軒を連ねる混乱を強いるなど、晴天の霹靂が微笑む前途多難な船出となり、大変ご迷惑をお掛け致しましたことを改めてお詫び申し上げます。
 
 以後の進捗状況と申せば、御案内の通りの滲みでるズーズー弁を道連れに偏見と独断溢れるな下手クソな怪説もどきが恥外聞も無く炸裂!はたまた、我ながら、はたと膝を打つ麗しき選曲とその絶妙なる配列が功を奏する中(それほんと?)、ほうほうの体で終了に漕ぎつけたという次第。
 
 いつも同じこと。本日も亦、寝たきりめんちょこちゃん(女房)の自宅介護の都合という止む得ない事情柄、後ろ髪を引かれる思いを胸に脱兎の如く会場を後に・・・結果、遠来の客人を始め皆々様とゆっくりご歓談することも儘ならならず誠に心苦しく思います。
 


第45回 サ ン デ ― 鑑 賞 会(改訂版)



                          日 時  2016.4.10(日)13:30~15:30
                          場 所  ジャズ・カフェ・モーニン(秋田市手形山崎町9―8)
                          TEL  080-2808-6881


*「ジャズ・カフェ・モーニン」主催のレコード中心によるジャズ鑑賞会です!
ベテランもビギナーも大歓迎です!
選曲&解説は当ブログ「秋田ジャズレコードマニアクラブ管理人(S)」です。
会費はお一人様1000円(ワンドリンク:おかわり300円&ちょこっとなおやつ&豪華プログラム付き)です。 
尚、当日はプログラムに一部変更があることもございます。

       
第1部「スコット・ラファロ(その2)」
           第2部「スタンダード・・・ビューティフル・ラブ」」
           第3部「熊谷モリカズさんを偲んで(一周忌)」


7

1.LP「バース・オブ・クール/マイルス・ディビス」
(キャピトル T762)NY‘49.4.22
 イスラエル(B-4)2:20
(Leader&Tp)M.ディビス、(Tb)J.J.ジョンソン、(Fh)Sandy Siegelstein、J(ジョン).バーバー、(Tubr)(As)L.コニッツ、(Bsx)G.マリガン、(P)J.ルイス、(B)N.ボイド、(D)K.クラーク



8

2.LP「エクスプロレーション/ビル・エヴァンス」
(リバーサイド RLP 351)NY‘61.2.2.
 イスラエル(A-1)6:16
 ビューティフル・ラブ(A-3)5:09
(P)B.エヴァンス、(B)S.ラファロ、(D)P.モチアン



10

3.LP「ユー・ドント・ノー・ホワット・ラブ・イズ/エディ・ヒギンズ・ソロ・ピアノ」
(ヴィーナス・レコード TKJV-19127)
東京BSTスタジオ‘03.7.4.
 ビューティフル・ラブ(B-3)3:29
(P)E.ヒギンズ(ピアノ:ベーゼルドルファー・インペリアル)



11

4.LP「ビウッチド/エディ・ヒギンズ・トリオ」
(ヴィーナス・レコード TKJV-19092)
NY‘01.1.30,31.
 ビューティフル・ラブ(A-2)3:47
(P)E.ヒギンズ、(B)ジェイ・レオンハート、(D)ジョー・アシオーネ



9

5.LP「マタドール/ケニー・ドーハム」
(ユナイテッド・アーテスト 15007)NY‘63.
 ビューティフル・ラブ(B-2)5:14
(Tp)K.ドーハム、(Ts)J.マックリーン、
(P)B.テモンズ、(B)T.スミス、(D)J.C.モ-ゼス



12

6.LP「アニタ/アニタ・オデイ」
(ヴァーブ MGV-2000)CA‘55.12.6
 ビューティフル・ラブ(B-6)2:39
(Vo)A.オーデイ
(P)P.スミス、(G)B.ケッセル、(B)J.モンドラゴン、(D)A(アルヴィン).ストラー



13

7.LP「ヘレンメリル・ウイズ・ストリングス」
(エマシー MG-36057)NY‘55.10.21
 ビューティフル・ラブ(B-4)
(Vo)ヘレン・メリル.(P)H.ジョーンズ、
(G)B.ガルブレイス、(B)S(ソル).ビーン
(編曲・指揮)リチャード・へイマン



1

8.LP「ブロードウエイ・ヒット/マーティ・ペイチ」
(ワーナー・ブラザーズ WS 1296)CA‘59.5.13
 トゥ・クローズ・フォー・コンフォート(B-1)3:52
10 イッツ・オールライト・ウイズ・ミー(A-1)3:35
(Tp)S.ウイリアムソン他、(Tb)B.エネヴォルセン他、(Fh)V.デローサ、(As)A.ペッパー、(T)B.パーキンス、(Cl,Bsx)J.ジュフリー、(Vib)V.フェルドマン、(P、アレンジ)M.ペイチ、(B)S.ラファロ、(D)M.ルイス



6

9.LP「ブッカー・リトル」
(タイム S/2011)‘60.4.13,15.
11 マイナー・スイート(A-2)5:44
12 ビー・ティーズ・マイナー・プレア(A-3)5:45
(Tp)B.リトル、(P)T.フラナガン、W.ケリー、(B)S.ラファロ、
(D)R.ヒインズ



2

10.LP「ザ・アライヴァル・オブ・ビクター・フェルドマン」
(コンテンポラリー S7549)CA‘58.1.21&22
13 トゥ・ブルー(B-3)4:14
14 スポ-ジン(A-5)4:32
(Vib)V.フェルドマン、(B)S.ラファロ、(D)S.リービー



ここから第3部「熊谷モリカズさんを偲んで(一周忌)」
3 (2)

11.LP「シナトラズ/スインギン・セッション!!!」
(キャピトル SM1419)NJ‘61.1
15 スポ-ジン(A-3):20
(Vo)F.シナトラ
(Orchestra)N.リドル



3

12.LP「マイルス/ザ・ニュー・マイルス・ディビス・クインテット」
(プレスティッジ LP 7014)NJ‘55.11.16
16 スポ-ジン(B-1)5:20
(Tp)M.ディビス、(Ts)J.コルトレーン、
(P)R.ガーランド、(B)P.チェンバース、(D)P.J.ジョーンズ



4

13.LP「ジョン・コルトレーン/ジャイアント・ステップ」
(アトランテック 1311)NY‘59.5.4
17 ミスター・P.C(B-3)5:20
(TS)J.コルトレーン、
(P)T.フラナガン、(B)P.チェンバース、(D)A.テーラー



5

14.LP「コルトレーン/ジョン・コルトレーン」
(プレスティッジ LP 7105)NJ‘57.5.31
18 ヴァイオレット・フォー・ユア・ファース(A-2)6:22
(TS)J.コルトレーン
(P)R.ガーランド、(B)P.チェンバース、(D)A.ヒース



comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャズマニアな訪問者
プロフィール

秋田ジャズレコードマニアクラブ

Author:秋田ジャズレコードマニアクラブ
はじめまして!僕は秋田市在住のジャズ・キチ老人です!
高校3年の頃、1年後輩のちょっとなベニー・グッドマン・オタクに幻惑され、ジャズに興味を持ち始めました。
以来、ベニー・グッドマンのメモリーズ・オブ・ユーを皮切りに、いわゆるスイング・ジャズ(コンボ、オーケストラ)、ニューオリンズ・ジャズ(ブラス・バンド素敵!)、デキシー(シカゴ・スタイル、サンフランシスコ・スタイル、ニューヨーク・スタイルなど)、バップ、クール、ハード・バップ、新主流派(懐かしい響きね!)、ヴォーカルなどなど手当たり次第、様々なジャンルのジャズ及び周辺音楽に耳を染めてきましたが、ジャズって思いのほか間口が広く、奥が深いので一切飽きることがありません。
結果、何時しかジャズが手ぐすね引く甘美な泥沼にガバチョと嵌ってからに、ふと気が付けば下唇下3センチの危険水位まで迫る悦楽という名の波しぶきを受けて、あっぷあっぷ・・・嗚呼もう駄目ません。
変なプロフィールになってしまい誠に遺憾です!

Billie Holiday
When You're Smiling

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤフオク (ジャズレコード一般)
検索バーに文字を入力すると出品されている物が表示されます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク