ストライキに突入したMDデッキ『MDS-JA333ES』の顛末など



 僕のこよなく愛するMDデッキこと『MDS-JA333ES』。サンデー鑑賞会プログラム作りには絶対に欠かせない存在。それが3年ほど前から徐々に駄々をこねるようになった。不具合の症状は実に様々。購入先であるK電気店ではこれまでも故障の度、可なり丁寧な対応をしてくれたのだが如何せん年代物・・・部品の確保(部品の在庫期間は製造から8年)が困難なため、不具合を持ちこむと次第に難色を示す様相を呈し始めた折しも、またもや新手の不具合発生・・・はて、どうしたものか・・・ところがこの世は良くしたもの、苦慮する僕に強い味方が現れたのである。その道の御専門家であるサンデー鑑賞会のご常連Hさんが、愛器を診てくれるというではないか!
 結論!一週間足らずで完全復活!レコードから録音・再生できる。鸚鵡返し宜しく、その直後、生じた電源(入力)トラブルもおちゃのこさいさい、一気に方を付けると万事元気印!
  
参考まで『MDS-JA333ES』 に関するデーターは概略下記の通り。
型名 発売日 価格(税別) カラー 当初月産
MDデッキ
『MDS-JA333ES』 2000年10月10日 100,000円 ゴールド 500台
 ソニーマーケティング(株)(社長:林 誠宏、本社:東京都港区)は、既存のMDを2倍・4倍の長さに使える、MD長時間ステレオ録音(MDLP)に対応したMDデッキ『MDS-JA333ES』を発売します。本機は、高音質設計を徹底した当社の高級オーディオコンポーネント“ESシリーズ”のMDデッキで、信号処理能力の高いATRAC用“TYPE-R”DSPや新開発のICを搭載し、録音ソースに近い音質の実現を可能にしています。また、パソコン音楽ファイルをMDへデジタル録音することもできます。



images (53)
 更なる望外の喜びが・・・左記画像はVestax BDT-2000というレコード・プレヤー。これ定価39,960円という普及品をSPレコード・プレヤー専用(78回転)として9,000円でHリサイクル店から買い求め、真空管のプリとメイン・アンプも揃え、折りを見てSPならではの古色蒼然とした独特の世界にうつつを抜かしていたのだが、購入してから丁度3カ月を過ぎるころから調子が急変、ターン・テーブルが回り始めるとキ~~ンって酷い騒音を発するようになり、やがて、回転を忘却するようになったではないか!保証期限を見ると、丸で計ったかのように3カ月を経過・・・畜生・・・やっぱ、安もの買いの銭失いとは、良くぞ、言ったものよ・・・そのまま放置すること2年程・・・ところで、これも上記MDデッキ同様、Hさんの御尽力で新品同様に変身させてさせて戴いたよ。加えて、あれやこれやの周辺機器についても色々微調整を賜わり、すこぶる大したえがった!どうも、ありがとう、Hさん!

 この機会にステレオ用カートリッジをDENONのDL-301Ⅱに、モノラル・カートリッジをDL-102の何れも新品と交換。真っ先にSPレコード(SP専用のカートリッジ)で「アーテイ・ショウのアローン・トウゲザー」を聴く。懐かしい快適な音楽の響きに喜びがこみ上げる。次いでPhilipsno(Stereo)の「Trio Concepsion」を聴く・・・思った通り、実に生々しいライブが再現されて、これまた嬉しさも一塩。Monoではアニタなどのヴォーカルを3枚程かけたが、これがまた素晴らしい。アンプはこれまたパイオニア製の年代物で可なりガタが来ているが、今のところ音質的には特段の不備はない。

 ところで、或る意味で頗るお恥ずかしい話しだが、今日は大収穫があった!それはスピーカーとの距離間。従前からボリュームを上げると若干耳障りな音で酷く気になっていたのだが、その原因が分かったのである。何のことは無い。スピーカーと僕の距離が近すぎたのだ。Hさんに指摘されるまま、更に1.5メートルほど離れると何ら文句のない、ていうか、まろやかで実に快い音が迫ってくるのにはおったまげ&納得。でも、1.5メートルソファーを後方へ移動するとなると、これ、気の遠くなるような大仕事・・・かなりのレコード移動させなければならないし、大体において、移動先が皆目見当たらないのです・・・暫くは、今日、試みたように直立不動で聴くしかないのかな・・・?
 

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャズマニアな訪問者
プロフィール

秋田ジャズレコードマニアクラブ

Author:秋田ジャズレコードマニアクラブ
はじめまして!僕は秋田市在住のジャズ・キチ老人です!
高校3年の頃、1年後輩のちょっとなベニー・グッドマン・オタクに幻惑され、ジャズに興味を持ち始めました。
以来、ベニー・グッドマンのメモリーズ・オブ・ユーを皮切りに、いわゆるスイング・ジャズ(コンボ、オーケストラ)、ニューオリンズ・ジャズ(ブラス・バンド素敵!)、デキシー(シカゴ・スタイル、サンフランシスコ・スタイル、ニューヨーク・スタイルなど)、バップ、クール、ハード・バップ、新主流派(懐かしい響きね!)、ヴォーカルなどなど手当たり次第、様々なジャンルのジャズ及び周辺音楽に耳を染めてきましたが、ジャズって思いのほか間口が広く、奥が深いので一切飽きることがありません。
結果、何時しかジャズが手ぐすね引く甘美な泥沼にガバチョと嵌ってからに、ふと気が付けば下唇下3センチの危険水位まで迫る悦楽という名の波しぶきを受けて、あっぷあっぷ・・・嗚呼もう駄目ません。
変なプロフィールになってしまい誠に遺憾です!

Billie Holiday
When You're Smiling

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤフオク (ジャズレコード一般)
検索バーに文字を入力すると出品されている物が表示されます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク