本日の一盤・・・この度のアメリカ大統領選に因んで 

The Very Very Hot Sound !?

 確かTさんの愛聴盤とか・・・僕も、結構な美品持っているが、遺憾ながら例によって?未だ一度も聴いたことがない(うふふふふ・・・)
 それにしてもオリジナル盤だけが携える漲るばかりの「麗しき質感」には黙して脱帽するしかありません。素晴らしい!
 ご覧の通りの名曲がずらり。伴奏陣も達者揃い。・・・・・・でも、これまた、繰り返しになるけど、例によって、ゆっくり落ち付いて聴く暇がない・・・ぐじゃじい!


作編曲家ニール・ヘフティの愛妻で、チャーリー・バーネットやウディ・ハーマンの楽団でも歌った名花フランシス・ウェインの遺作。モダン・ジャズの有名スタンダードを多数カヴァーしたジャズ・ヴォーカルの人気盤。◎1,2,3,6,7,9,11,12:フランシス・ウェイン(vo)、ジェローム・リチャードソン(fl,bar)、ビリー・ロウランド(p)、ビル・ミュア(g)、ミルト・ヒントン(b)、オシー・ジョンソン(ds)、アービー・グリーン(tb)、ビリー・バターフィールド(tp)
1957年4月4日、5日、6日 ニューヨーク録音
◎4,5,8,10:フランシス・ウェイン(vo)、アル・コーン(ts)、ハンク・ジョーンズ(p)、ウェンデル・マーシャル(b)、ドン・ラモンド(ds)
1957年4月27日 ニューヨーク録音
    
A 面
1. アーリー・オータム
2. ラウンド・ミッドナイト
3. プレリュード・トゥ・ア・キス
4. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
5. イン・アザー・ワーズ(フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
6. トゥー・フォー・ザ・ブルース

B面
7. ブルー・アンド・センチメンタル
8. スピーク・ロウ
9. オー・ホワット・ア・ナイト・フォー・ラヴ
10. 忘れられぬ君
11. キャラヴァン
12. ソフト・ウィンズ

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャズマニアな訪問者
プロフィール

秋田ジャズレコードマニアクラブ

Author:秋田ジャズレコードマニアクラブ
はじめまして!僕は秋田市在住のジャズ・キチ老人です!
高校3年の頃、1年後輩のちょっとなベニー・グッドマン・オタクに幻惑され、ジャズに興味を持ち始めました。
以来、ベニー・グッドマンのメモリーズ・オブ・ユーを皮切りに、いわゆるスイング・ジャズ(コンボ、オーケストラ)、ニューオリンズ・ジャズ(ブラス・バンド素敵!)、デキシー(シカゴ・スタイル、サンフランシスコ・スタイル、ニューヨーク・スタイルなど)、バップ、クール、ハード・バップ、新主流派(懐かしい響きね!)、ヴォーカルなどなど手当たり次第、様々なジャンルのジャズ及び周辺音楽に耳を染めてきましたが、ジャズって思いのほか間口が広く、奥が深いので一切飽きることがありません。
結果、何時しかジャズが手ぐすね引く甘美な泥沼にガバチョと嵌ってからに、ふと気が付けば下唇下3センチの危険水位まで迫る悦楽という名の波しぶきを受けて、あっぷあっぷ・・・嗚呼もう駄目ません。
変なプロフィールになってしまい誠に遺憾です!

Billie Holiday
When You're Smiling

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤフオク (ジャズレコード一般)
検索バーに文字を入力すると出品されている物が表示されます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク