第57回 サンデ―鑑賞会開催 (再度の御案内)

オリジナル盤:LP「ラウンド・アバウト・ミドナイ・アト・ザ・カフェ・ボヘミア/ケニー・ドーハム」
(BLP1524)を聴く!




第57回 サ ン デ ― 鑑 賞 会

                          日 時  2017.4.9(日)13:30~15:30
                          場 所  ジャズ・カフェ・モーニン(秋田市手形山崎町9―8)
                          TEL  080-2808-6881


*「ジャズ・カフェ・モーニン」主催のレコード中心によるジャズ鑑賞会です!
ベテランもビギナーも大歓迎です!
選曲&解説は当ブログ「秋田ジャズレコードマニアクラブ管理人(S)」です。
会費はお一人様1000円(ワンドリンク:おかわり300円&ちょこっとなおやつ&豪華プログラム付き)です。 
尚、当日はプログラムに一部変更があることもございます。

◆パソコン不具合につき、文字配列などに乱れを生じております・・・
 
    
 「ハード・バップの真髄~ライブ・カフェ・ボヘミア」
   
 
1.LP「ラウンド・アバウト・ミドナイ・アト・ザ・カフェ・ボヘミア/ケニー・ドーハム」
1 (2)

(BLP1524:767 Lexington Ave NYC)NYC‘56.5.31
ア・ナイト・イン・チュニジア
  (B-1)9:38
オータム・イン・ニューヨーク
  (B-2)4:47
 ヒルズ・エッジ
  (B-3)8:30
(Tp)K.ドーハム、(Ts)J.R.モンテローズ、(G)K.バレル、
(P)B.ティモンズ、(B)S.ジョーンズ、(D)A.エッジヒル





オリジナル盤の条件(概略)
①767 Lexington Ave NYC(BLP1501~1543まで)・・・
 ブルーノート・レコードの最初の住所:いわゆるレキシントンの表記がある。
②フラット(1501~1557)である・・・レコード外周の端が膨らんでいない真っ平らなレコード盤。
③レコード・ラベルの特徴として「BLUE NOTE RECRDS」の表記。
 その後、「BLUE NOTE RECRDS INC」となる。
④更なるポイントとしてレジスターマークの「R」(実際の表記は○の中にRの文字がある)がない。
⑤耳マーク(Pマークともいう)がある。(1501~4220)
⑤エンジニアRUDY VAN GELDERの刻印(RVG:手書きは1501~1577)がある。
⑥Deep Groove(溝)がある。(1501~1600,4001~4074)
⑥ジャケットがコーティング仕様(正確にはニス塗り)でない。(1544からコーティング仕様となる)
⑦額縁ジャケット・・・ジャケット裏の張り合わせ形状(1501~1545)である。
*中には上記条件が当てはまらない例外的なレコードもあります。

◆オリジナル盤を耳で確かめることは申すまでもございませんが、視覚や感触、はたまた嗅覚?でもお確かめ下さい。



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

迷子の子猫ちゃん捜索中。
リバーサイド307番チェット・ベーカー。
心当たりございましたらご連絡お願いします。

No title

一応、探してみましたが、当方へは移動してきておりません。
因みに、拝借しているのは下記3枚です。

①リバーサイド 1171  T.モンク・アトザ・ブラックホーク
②プレステイッジ 7338 S.スコット&S.タレンタイン
③ブルーノート 84061 D.バードアト・ザ・ハーフ・ノート

No title

見つかりました。
お手数おかけしました。すみません。

No title

えがった!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャズマニアな訪問者
プロフィール

秋田ジャズレコードマニアクラブ

Author:秋田ジャズレコードマニアクラブ
はじめまして!僕は秋田市在住のジャズ・キチ老人です!
高校3年の頃、1年後輩のちょっとなベニー・グッドマン・オタクに幻惑され、ジャズに興味を持ち始めました。
以来、ベニー・グッドマンのメモリーズ・オブ・ユーを皮切りに、いわゆるスイング・ジャズ(コンボ、オーケストラ)、ニューオリンズ・ジャズ(ブラス・バンド素敵!)、デキシー(シカゴ・スタイル、サンフランシスコ・スタイル、ニューヨーク・スタイルなど)、バップ、クール、ハード・バップ、新主流派(懐かしい響きね!)、ヴォーカルなどなど手当たり次第、様々なジャンルのジャズ及び周辺音楽に耳を染めてきましたが、ジャズって思いのほか間口が広く、奥が深いので一切飽きることがありません。
結果、何時しかジャズが手ぐすね引く甘美な泥沼にガバチョと嵌ってからに、ふと気が付けば下唇下3センチの危険水位まで迫る悦楽という名の波しぶきを受けて、あっぷあっぷ・・・嗚呼もう駄目ません。
変なプロフィールになってしまい誠に遺憾です!

Billie Holiday
When You're Smiling

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤフオク (ジャズレコード一般)
検索バーに文字を入力すると出品されている物が表示されます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク