第62回サンデー鑑賞会を終えて(御礼)

 ダウンロード (3)ダウンロード (3)
                         
                         
that's my desire songs by frankie laine MG20080
「スタンダード:セプテンバー・イン・ザ・レイン」収録レコード
知る人ぞ知る美女ジャケの代表的一枚・・・これ、鑑賞会当日披露できなかったので下記に動画を記した。
frankie laineは俳優・歌手(アメリカ)。1952年の映画『真昼の決闘』のテーマ曲「ハイ・ヌーン」や1955年から1966年まで11年間にわたりCBSテレビで放送された西部劇『ローハイド』のテーマ曲「Rawhide」でヒットとなった。「Rawhide」・・・懐かしいったらありゃしない?

ローハイド
http://www.youtube.com/watch?v=2KPplYp7K7M

セプテンバー・イン・ザ・レイン
http://www.youtube.com/watch?v=JDe4c6FLonM



第62回 サ ン デ ― 鑑 賞 会

                          日 時  2017.9.10(日)13:30~15:30
                          場 所  ジャズ・カフェ・モーニン(秋田市手形山崎町9―8)
                          TEL  080-2808-6881

 
 1.「ライブ・アト・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード(Vol.1)」
 2.「スタンダード①ナーディス②セプテンバー・イン・ザ・レイン③オレオ」


 ところで、僕的には下記の2枚(4曲)がすこぶる大したえがった!どれも初めて聴くレコード。僕が所有している70年代以降の吹き込みレコードは多くて30枚程度。だからここらへんのジャズは良く分からないていうか、余り聴く機会がない。という訳で、この2枚はTさんから拝借したもの。4曲とも基本的にはいわゆるハードバップの範疇なのだが往年のそれとは、やや異なる趣が漂っていて完全に僕のタイプ!兎に角、どれもこれも何ら非の打ちどころのない理想的展開である。2枚とも期せずしてピアノ・トリオの登場となったのだが、繰り返しになるけど、何れにしても、実に宜しい。その時代、その時代における、云わば最先端のハード・バップとして見事に昇華していると思う。
 ライブ(盤)ならではの、生々しい臨場感の下、奏でられる研ぎ澄まされた豊かな抒情・・・かと思えば一転、ビシバシ、ビューンって荒れ狂い疾走する灼熱のピアノ・トリオ・・・何とも堪りま、しぇ~ん・・・カム・バック?
 アラン・ラッド&ジャック・パランス・・・エガッタデスネ、エガッタデスネ、サイナラ、サイナラ、サイナラ????

2.LP「ザ・グレイト・ジャズ・トリオ・アト・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード Vol.2」

(イースト・ウィンド:日本フォノグラム15PJ-1016)‘77.2.19~20
 ナーディス(B-1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11:17
 ローラ(B-2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8:59
(P)H.ジョーンズ、(B)R.カーター、(D)T.ウイリアムズ 
(監修)鯉沼利成、(プロデューサー)伊藤 潔、伊藤夜八十八、
(レコーデイング・エンジニア)デイビット・ベイカー、(リミキシング・エンジニア)鈴木良博、(マスタリング&プレッシング)日本ビクター

  

11.LP「ザ・ミシェル・ペトルチアーニ・トリオ/ライブ・アト・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」

(コンコード・ジャズ GW-3006)NYC.‘84.3.16
12 ナーディス(A-1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11:17
13 オレオ(A-2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6:51

(P)M.ペトルチアーニ、(B)エイオット・ジグモンド、(D)パレ・ダニエルソン

     


comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めて見るジャケットです。次回楽しみにしております。

No title

未だ、似たような「ジャケ買い(美女)」あり・・・無論?歌は今一~今三クラス・・・
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャズマニアな訪問者
プロフィール

秋田ジャズレコードマニアクラブ

Author:秋田ジャズレコードマニアクラブ
はじめまして!僕は秋田市在住のジャズ・キチ老人です!
高校3年の頃、1年後輩のちょっとなベニー・グッドマン・オタクに幻惑され、ジャズに興味を持ち始めました。
以来、ベニー・グッドマンのメモリーズ・オブ・ユーを皮切りに、いわゆるスイング・ジャズ(コンボ、オーケストラ)、ニューオリンズ・ジャズ(ブラス・バンド素敵!)、デキシー(シカゴ・スタイル、サンフランシスコ・スタイル、ニューヨーク・スタイルなど)、バップ、クール、ハード・バップ、新主流派(懐かしい響きね!)、ヴォーカルなどなど手当たり次第、様々なジャンルのジャズ及び周辺音楽に耳を染めてきましたが、ジャズって思いのほか間口が広く、奥が深いので一切飽きることがありません。
結果、何時しかジャズが手ぐすね引く甘美な泥沼にガバチョと嵌ってからに、ふと気が付けば下唇下3センチの危険水位まで迫る悦楽という名の波しぶきを受けて、あっぷあっぷ・・・嗚呼もう駄目ません。
変なプロフィールになってしまい誠に遺憾です!

Billie Holiday
When You're Smiling

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヤフオク (ジャズレコード一般)
検索バーに文字を入力すると出品されている物が表示されます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク